ブックメーカー 21Betの紹介

日本 ブックメーカー サッカーとプロ野球

ブックメーカーは日本からでも賭ける事ができます。対象となっているスポーツはヨーロッパのサッカーが有名ですが、日本のプロスポーツも多くのブックメーカーにはあります。おすすめはプロ野球とサッカーのJリーグです。

21Betのサッカーはライブンベッティングが凄く日本語対応

 

ライブベッティング中のスタッツがわかりやすく表示されているのでおすすめです。
特にサッカーの標準的なスタッツはすべて表示されているので、迷わずに賭ける事ができます。日本語でここまでわかりやくす表示されているのでは21Betぐらいでしょう。
(ライブベッティング中は音量だけは調整してください。)

ライブベッティングであればbet365もライブベッティングとしてはいいのですが、日本語がないのがネックです。

下記の画像は、ライブベッティング中のスタッツになります。
チャンス数・シュート回数・シュートミス回数・コーナーキック数・イエローカード・レッドカードと、見やすくユニフォームのカラーに合わせて数値とグラフで表示されているのです。

ライブベッティングスタッツ

下記の画像は、ライブベッティング中のOVER・UNDERになります。合計ゴール数など、わかりやすくなっています。

ライブベッティングOVER・UNDER

実際は動画になるのですが、ゴールした瞬間などは下のような画像が動きます。 その他、ボールの位置や攻撃方向も動画で示されています。

動画の中の表記も日本語と英語なので、とても臨場感があるベッティングになるでしょう!

ゴール

日本ではあまり知られていないサッカークラブですが、アイルランドのプロサッカーリーグ3部にあたるウォーターフォード・ユナイテッドFCというクラブのユニフォームスポンサーをしています。

ウォーターフォード・ユナイテッドFC

21Betはクレジットカードが使えるブックメーカー

21Betは、クレジットカードで入金ができるのです。
クレジットカードのロゴがあるブックメーカーは多いのですが、実際にはクレジットカードで入金してもエラーになったりしますが、21Betは今のところそのような事はありません。

そして新しいブックメーカーなので、ビットコインでの入出金も可能です!エコペイズにも対応しているので、日本人のブックメーカーユーザーに大変便利な機能が備わっています。

登録は他のブックメーカーと大差はなく、特に困ることはありませんが、日本語電話サービスがあるので、登録や入金で困った時は気軽に電話をするようにしましょう。

  • ライセンス:マルタ島
  • 設立:2015年
  • 日本語専用サイト:あり
  • サポート:電話・メール共に日本人が対応
  • モバイルサイト:あり
  • ボーナス:あり
  • 登録に必要な書類:パスポート・運転免許証

21Bet

ページTOP